読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

108日オナ禁戦争〜僕のセクサスストーリー〜

モテない男が彼女欲しさにすがったのはオナ禁。僕の未来は、彼女とSEXか108日目リセットか!

160914 オナ禁 57日目

ムラムラムラムラ。

 

あかん。ヤリてーよ。

マジやりてーよ。

 

立ちすぎやろ、毎朝ー!

もー!!!

 

そんな俺に、カオが、一喝。

 

以下、彼女からのライン原文記載。

 

抜かなければ、良いルール?

それでセクキャバとか、

自分に甘いんちゃうか?

 

それで精神を鍛える

など、ちゃんちゃらおかしいぜ

 

オナニーを断つ。風俗とかそんな女を断つ。

その苦行を超えるからこそ

常人には出来ないことが

可能になるのでは?

 

わしの美容の考え方。

人並みはずれた美しさを目指す。

それには人並みはずれた努力が

必要なのは当たり前である。
人にできることをしていては、

なれても普通の美人まで。

 

まだたったの50日ちょっとではないか。

わしが何年やってると思う?

それでも常に勉強してやり方は変えている。

 

お前は、根性がたらん。

 

エロ動画→セーフ

ガチ風俗→アウト

セクキャバで身体触る→

グレーゾーンだが、逃げ。甘え。抜け道。

 

キミは我慢をしらん。

鍛えるいい機会ではないか。

 

以下、略。

 

本当になんも言い返せないわ。

 

で。

目が覚めた俺は、普通に立ち飲みに。

帰りにちょっとオシャレぽいバーに。

 

もちろん、彼女作るための店調査や!

 

女関係希薄な今に、できることを、、、。

と、思ってたら、ペアーズでマッチング。

2件。ほう。

 

美人レイヤーさんからのラインも来る。

 

良い流れになってくれたら良いのだが。

 

今日は、穏やかに眠れそうだ。

ありがとう、カオ。