読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

108日オナ禁戦争〜僕のセクサスストーリー〜

モテない男が彼女欲しさにすがったのはオナ禁。僕の未来は、彼女とSEXか108日目リセットか!

160909 オナ禁 52日目

今日は、藍子とディナー。

 

今まであったこと、最近フラれたこと。

色々と話す。

藍子の婚活も全くうまくいってないらしい。

 

半年前に、俺を振った藍子。

俺ってどういう存在が聞いてみた。

結論的に言うと。俺は藍子にとって

家族のひとりみたいで、兄みたいらしい。

 

また、、、おにいちゃんか。

 

藍子の評価的には、

スペックは決して悪くなく、むしろ

良いほうらしい。ちゃんと働いてるし。

人間としても良いし、人柄も悪くない。

 

ただ、存在が近いから、私は家族みたいに

感じてしまうから。

、、、手をつなぐとかはムリ。

 

ふーん。

 

良い人ぶってるつもりはないんやけど、

なんなんやろなー、コレ。

 

別れてから、藍子からライン入る。

 

また来月に、ごはん行きましょう!

 

好きにはなれないけど、楽しいから

ごはんは行きたいみたいな? 笑

訳わかんねーよ。